MiFID

欧州議会は、金融市場に関して2004年4月21日に2004/39/EC指令を採択しました(MiFID)。そして、2007年11月1日に発効となり、欧州経済領域(EEA)内における投資サービス行動の提供に係る金融市場の規制を目的とする様になりました。当該指令は、キプロス共和国投資サービス行動および2007年市場規制法(法 144(l)/2007)を通じて、キプロス共和国においても採択されております。

欧州金融市場指令(MiFID)は、欧州経済領域内における投資サービスの規制体制の一体化を提供しております。当該指令の主目的は、効率化を促進し、金融の透明化をを図り、競争を促進し、投資サービスにおける投資家保護を一層強化することにあります。MiFID固有の原則の一つは、投資会社は、自社の投資および付随サービスを自由に他の加盟諸国および/または第三国の投資家に提供できることが挙げられます。